Purpose of Creation – Introduction (Japanese Translation)

「神はなぜ創造したのか」という哲学的な問いは、古来から現代にいたるまで常に人々の思考回路の軸となっています。

素晴らしい作品を見た時、大半の人は必ず作者を確かめます。作品が存在するという事はその作り手が必ずいるからです。同じように、自分を創ったのは誰なのか?何のために創ったのか?という疑問は自然に沸いてきます。人類の誕生は偶然の産物であると言う人もいますが、もしそうだとすれば人生は完全に無意味になってしまいませんか?あなたが人生に意味はあると思うなら、ぜひこの文章を読み進めてください。

「人間が誕生したことの理由」と「誰が人類を創り出したのか」という問いは紙一重であり、この問いへの答えを追求し突き止めることは、実のある人生を営む上でこの上なく大切な事です。しかし人間誰もがいつかは問い悩むであろうこの問いかけへの答えを、同じ人間に聞いても納得できる答えは返ってこないでしょう。人間の限られた能力では、完全に人類の生まれた目的を解明することはできません。自分自身の心身のことさえ、完全には分かっていないのですから。人類の作者は偉大なるものであり、それは神でしかなく、そして神が、人間である預言者様たちを全人類の導きとしてこの世に送られました。

最初の人間、アダム様に続いて様々な預言者様たちが世に送られ、そしてその何人かには、人々にどう生きるべきかなどを説明するために、神から聖書が与えられました。しかしそれらの聖書は、預言者様がこの世を去った後に人の手が加えられ結果真実は失われてしまい、人生の目的について混乱が生まれています。

また、世界には人間に生み出された宗教が存在し、神が複数いると信じる人や、八百万の神を信じる人もいます。しかしそれらの宗教も、人類が創られた目的については曖昧さを残しています。

そのために、神は人類の最後の導きとして、完璧で完全な聖クルアーンを預言者ムハンマド様(彼に平安あれ)を通じて世に送られ、そしてこの聖典に「人類はなぜ創られたのか」を明確に記されました。

 

Leave a Reply