Category

Japanese

Purpose of Creation – Conclusion (Japanese Translation)

By | Conclusion, Japanese, Translation | No Comments

終わりに

もし神が人類の目的を教えてくれなかったら、私たちは一生迷いながら生きなければならないでしょう。間違った信仰を信じるか、この世の出来事だけに囚われてしまうでしょう。私たち自身のために、神が人間を創った理由を知ることはとても重要なことです。

アッラー(神)の創造物は根本的に、神の力を体現したものです。創造物は創造の力の体現、天国は慈愛と気前の良さの体現、地獄は公平さの体現、人間の過ちは寛大さの体現、など。「私たちは神の力の結果なのだ」と理解することによって、神の意思を受け入れ、運命を受け入れることができるようになります。

しかし重要なのは、人類が創られた目的を知り、その通りに行動することです。私たちの目的は神を崇拝することで、それは天国に行き地獄を避けるために必要だからです。つまり、崇拝行為は食べることや息をすることと同じくらい重要なことなのです。

また、周りの環境について理解することも重要です。自分の目的が分からないと、世界がすべて自分の思い通りにいかず、邪魔ばかりしてくるものだと思ってしまうかもしれません。しかし実は、私たちの身の回りで起こることはすべて、神が私たちのために起こしてくれていることなのです。試練は、人間が精神的により成長するためにあります。ただし、神を信じ、我慢強く耐えることができないと、成長はおろか、試練は前世の前にこの世で下される罰と化してしまうのです。

人生の目的を知ることによって、周りにあるものに対しても注意深くなります。空気や水、植物や動物などは、神から私たちに与えられたものです。だから、大切に扱うことが神への感謝のしるしとなるのです。

神を信じることによって、内面も、言動も、周囲への対応も変わります。それが今度は他の人間に影響を与え、正しい道へと導くきっかけとなるのです。クルアーンには、このように表現されています。

「あなたがたは、人類に遣された最良の共同体である。あなたがたは正しいことを命じ、邪悪なことを禁じ、アッラーを信奉する。(第3章第110節)」

 

Purpose of Creation – Chapter # 4 (Japanese Translation)

By | 4th Chapter, Japanese, Translation | No Comments

なぜ神はこの世界を創造したのか?

この世界とそこに存在するものは、人類のために創られました。クルアーンにはこう書かれています。

「かれ(神)こそは、あなたがたのため群星を置かれた方で、あなたがたはそれによって、暗黒の陸でも海でも(正しい道に)導かれる。われは知識ある人びとに印の特恵を与えている。(第6章第97節)」

「アッラーこそは、天と地を創造され、天から雨を降らせ、これによって果実を実らせられ、あなたがたのために御恵みになられる方である。また船をあなたがたに操縦させ、かれの命令によって海上を航行させられる。また川をあなたがたの用に服させられる。
またかれは、太陽と月をあなたがたに役立たせ、両者は飽きることなく(軌道)を廻り、また夜と昼をあなたがたの用に役立たせられる。(第14章第32~33節)」

しかしこれらの恵みを人間が利用する際には責任が伴います。人類は与えられた恵みを認識し、それを神の教えに従って利用しなければなりません。預言者様(彼に平安あれ)は、「この美しく青々とした世界を、神は私たちの支配下に置かれ、私たちがどうするか見ておられるのです。」とおっしゃっています。

つまり、人間はこの世界を好き放題していいというわけではありません。物質的欲求を満たすために自然を破壊するのは、神の教えに反しています。

人間の動物に対する責任:

  • 神の法では、動物を大切に扱うことは非常に重要です。人々が預言者様(彼に平安あれ)に「神の使徒様よ、動物を救うことで(神からの)ご褒美は得られますか?」と聞いたとき、彼はこう答えました。「すべての生き物(を救うこと)には、ご褒美があります。」
  • 食べるため、人命を守るため、衣服のため以外で、遊びや競争のために動物を殺すことは禁じられています。
  • 動物を殺すときは、よく研いだナイフを使います。電気ショックや頭部を強打する方法よりも痛みが少ないからです。
  • とある例で、娼婦が喉が渇いた犬に水をやったことで神に罪を赦されたという話があります。逆に別の例で、とある女性は猫を閉じ込め飢えさせた事で天罰を与えられたと言う話があります。
  • ときには、動物に痛みを与える必要があることもあります。例えば動かすためや、識別用の印をつけるためなどです。その場合でも、顔に痛みを与えることは禁じられています。

人間の植物に対する責任:

  • 人類には植物を守る責任があります。戦時でさえも、果樹を破壊することは禁じられています。
  • 木を植えることは、慈善行為です。預言者様(彼に平安あれ)はこうおっしゃっています。「ムスリムが木を植えると、施しを与えたのと同じ報酬が(神から)与えられます。その木になった実を誰かが食べたときも、その木から何かが奪われたときも、鳥や動物がその実を食べたときも、施しとなります。その木から何かを得る者はすべて、木を植えた者への報酬の源となるのです。」
  • 身の回りの環境すべてに気を配ることは、人間の神に対する義務なのです。私たちが積極的に環境保護に努めると、それも神への崇拝行為となります。私たちの周りのものもすべて、目的を持って創られているのです。

 

Purpose of Creation – Chapter # 3 (Japanese Translation)

By | 3rd Chapter, Japanese, Translation | No Comments

第三章:神はなぜ人類を地球上に創ったのか?

非ムスリムの人が(ムスリムでさえも)よく持つ疑問の一つは、「神は何のために人類を創ったのか?」です。

神はこの疑問に対して答えを示してくれています。神の書であるクルアーンには、神が人間を創る理由は「試すため」、つまりその人の 信仰を試すためだと書かれています。逆に人間は、この試練の結果として、①精神的成長 ②罰または報酬 を得ることとなります。

試練があることによって、人間は精神的に成長し、寛大さや知足といった大切な力を身につけることができます。

人間の心の中に現れる「妬み」という感情は、富への欲望が増すとともに強くなります。逆に、神が与えてくれたものに感謝し、自分よりも恵まれない人のことを考えることで、知足(満足)の感情は増します。妬みと知足は正反対の感情です。知足の気持ちが大きくなれば、妬みの感情は自然となくなっていきます。

しかし、与えられたものに対し満足するということは、自分のやりたいことを諦めてしまうということではありません。神に感謝し、神に助けを求めながら努力することが大切なのです。

試練や災難は、神を信じる人にとって成長の糧となります。辛い時でも、「これは自分の成長にとって必要で、自分の為になる事だから神が与えてくれたのだ。神に従っていれば、神はきっと助けてくれる。」と、強く信じることで、忍耐力を高めることができるのです。神は人それぞれの能力に合った試練を与えることで、その人の最大限の力が発揮できるようにしてくれているのです。

神を信じていなければ、試練が訪れたとき、辛くて希望を失ってしまうかもしれません。神の助けが来ると信じることは、信仰の最も大切な要素の一つです。忍耐強く正しいことをしようと努力し、神に従う人には、想像もできないような報酬と、永遠の安楽が約束されています。

神は人を正しい道に導くために、試練を下します。信じる心がある人は、自分の間違いに気づき、神の教えに戻り、成功することができます。しかし、信じる心がなく、神の導きを否定すると、試練は逆に罪の源となってしまいます。

クルアーンの第18章第7節にはこう書かれています。

「本当に地上の凡ての有は、それ(大地)の装飾としてわれが設けたもので、かれらの中誰が最も優れた行いをするかを、試みるためである。」

つまり、神は人類を創り、それぞれの人間が善い行いをするか、悪い行いをするか見ておられるのです。これが人間が創造された目的です。

 

 

Purpose of Creation – Chapter # 2 (Japanese Translation)

By | 2nd Chapter, Japanese, Translation | No Comments

Why did God Create Mankind?

人類の本来の目的は、神を崇めることです。しかし、神は人間の崇拝を必要としているわけではありません。たとえ誰も神を崇拝しなかったとしても、神の威厳に傷がつくということはありません。信仰というのは、神ではなく、人間こそが必要としているものなのです。

人類にとって唯一成功出来る方法は、神が作ったルールに従うことです。神の法に従うことで神を崇拝してはじめて、天国(=究極の成功)に入ることができるのです。

といっても、神の法というのは、人間を縛りつけ苦しめるものではありません。その逆で、人間を様々な害から守るためのものなのです。これは、人間にとって本当に何が益で何が害か、分かっている神だからこそ作れるルールです。このルールに沿った生き方が、人間にとって最も良い生き方なのです。

人間は物質的欲求に囚われすぎて、精神的欲求を忘れてしまいがちです。そのために、神は様々な崇拝行為を生活の中に散りばめるように定め、私たちが神を思い出せるようにしているのです。1日に5回ある礼拝は、私たちを物質中心の世界から精神の世界に引き戻し、神との繋がりを感じる時間を与えてくれます。神の法は、物質面と精神面のバランスが取れるように作られているのです。

神を忘れると、人は罪を犯しやすくなります。悪魔の力は、人間の頭の中を意味のない考えや欲求で満たし、堕落を受け入れやすくさせます。

神が酒と賭け事を禁じたのは、これらが腐敗や争いにつながり、人間が神を忘れやすくなるからです。人間は弱く、罪を犯しやすい生き物です。神を思い出さなければ、どんどん悪の深みにはまっていきます。神を思い出し、反省することは、私たち自身のために必要なことなのです。

イスラム教は、人類すべてのためのものです。人間はみな同じ精神的・社会的欲求を持っていて、人類が初めて創られてからずっと、同じ性質を持っているので、一つの宗教しか必要ないのです。それがイスラム教です。

イスラム教では、どんな行為も崇拝行為になり得ます。信者は、すべてを行為を神のためにするべきです。このためには、2つの条件があります。

  1. その行為は神を喜ばせるためだけにするもので、他の人に認めてもらうためや、誉めてもらうためであってはいけません。
  2. その行為は、預言者様(彼に平安あれ)が行った方法(アラビア語でスンナと言われる。)に則っていなければなりません。預言者は、人間の見本となり導くための存在だからです。

人類の最も重い罪は、自分たちが創られた目的に反することです。つまり、神以外の存在を神のように扱うことは最大の罪であり、唯一、反省しなければ許されることのない罪です。

神への崇拝を示す行為の一つとして、神が愛する人々を愛することがあります。同じ神を愛する人同士の間には、特別な繋がりが生まれるのです。

Purpose of Creation – Chapter # 1 (Japanese Translation)

By | 1st Chapter, Japanese, Translation | No Comments

第一章:神はなぜ創造したのか?

この本の最初の章では、クルアーンを引用しながら、創造に関する考えられる理由、経緯とおよび概念、そして宇宙の構造について説明しています。聖典クルアーンでは、これらの事柄について何度も触れています。更に、人類の最高の見本である預言者ムハンマド(彼に平安あれ)の残した言葉を借り、創造に関する疑問に答えています。

創造という概念について様々な例を示しており、例えば、人が創造という行為を自身が行ったと主張することがありますが、その行為は真の創造とは呼べません。人類は単に、既に存在するもの、つまり神が既に創造したものを操ったり、利用しているだけなのです。

「神が存在しすべてを支配しているのなら、なぜ悪が存在するのか」という疑問を持つ人がいます。この章では、すべての物事は神の力によって完全に支配されており、どんな善も悪も神の承認なしには起こり得ないということを説明しています。これは、神のみが本当の助けや庇護を私たちに与えることができるということであり、神以外の存在にそれを求めることはできないのです。

また、「罪」の源泉、および人類が罪を犯す能力を持っている理由などについても言及しています。この罪の能力、そして自分の罪を認め、反省する能力こそが、人間と他の創造物との大きな違いなのです。

神は、人間には到底持ち得ない力(究極の英知や正義など)を持っています。その上で、限られた範囲内で自由意思を人間に与え、善か悪を選べるようにしているのです。

さらに、「神の愛」とは何か、そしてその愛を得る方法を、すべての人類を導くために生まれ、神に最も愛されている人々=預言者様たち(彼らすべてに平安あれ)を例に解説しています。神は全人類に愛と恵みを施してくださっており、それ無しにはこの世で成功することも、天国に行くこともできません。

神はすべてを知っていますが、人間の知識や能力をあえて限定することで、与えられた使命に集中できるようにしているのです。そうでなかったら、人間は果てしない知識の海を一生さまよい続けるかも知れません。

しかしその限られた能力でも、神の存在と偉大さを充分認識することはできるのです。

 

 

Purpose of Creation – Introduction (Japanese Translation)

By | Introduction, Japanese, Translation | No Comments

「神はなぜ創造したのか」という哲学的な問いは、古来から現代にいたるまで常に人々の思考回路の軸となっています。

素晴らしい作品を見た時、大半の人は必ず作者を確かめます。作品が存在するという事はその作り手が必ずいるからです。同じように、自分を創ったのは誰なのか?何のために創ったのか?という疑問は自然に沸いてきます。人類の誕生は偶然の産物であると言う人もいますが、もしそうだとすれば人生は完全に無意味になってしまいませんか?あなたが人生に意味はあると思うなら、ぜひこの文章を読み進めてください。

「人間が誕生したことの理由」と「誰が人類を創り出したのか」という問いは紙一重であり、この問いへの答えを追求し突き止めることは、実のある人生を営む上でこの上なく大切な事です。しかし人間誰もがいつかは問い悩むであろうこの問いかけへの答えを、同じ人間に聞いても納得できる答えは返ってこないでしょう。人間の限られた能力では、完全に人類の生まれた目的を解明することはできません。自分自身の心身のことさえ、完全には分かっていないのですから。人類の作者は偉大なるものであり、それは神でしかなく、そして神が、人間である預言者様たちを全人類の導きとしてこの世に送られました。

最初の人間、アダム様に続いて様々な預言者様たちが世に送られ、そしてその何人かには、人々にどう生きるべきかなどを説明するために、神から聖書が与えられました。しかしそれらの聖書は、預言者様がこの世を去った後に人の手が加えられ結果真実は失われてしまい、人生の目的について混乱が生まれています。

また、世界には人間に生み出された宗教が存在し、神が複数いると信じる人や、八百万の神を信じる人もいます。しかしそれらの宗教も、人類が創られた目的については曖昧さを残しています。

そのために、神は人類の最後の導きとして、完璧で完全な聖クルアーンを預言者ムハンマド様(彼に平安あれ)を通じて世に送られ、そしてこの聖典に「人類はなぜ創られたのか」を明確に記されました。